楽天マンガを含め電子書籍サイトの安全を調べる4つのポイント

電子書籍サイトって安全なのか?

楽天マンガもそうですが、電子書籍のサービスって有料のサービスが多く、安全性などとても気になりますよね。「お金を余分に取られないか?」「詐欺に合わないか?」などご利用前にさまざまな不安が出てくると思います。

 

 

また電子コミックのサイトでは普通の漫画などではなく、比較的多くの方がオトナ漫画目的の利用になっているケースが多いです。そんな漫画が多くあるという事も不安を感じる一つの要因になっているでしょう。

 

 

ココではそんな不安を取り除くように、安全かどうかを調べる為に4つのチェックポイントをご紹介します。

 

 

安全性を調べる4つのポイントとは

運営元を確認する

運営元を確認することは結構ポイントになります。大抵はサイトの一番下に「企業情報」とか「運営会社」など書かれている部分があります。楽天マンガの場合でも「企業情報」というリンクがサイトの一番下の方にあります。ここをタップすると楽天の企業情報ページへ移動します。

 

 

他のサイトも同じくこの部分より運営企業の情報を確認することができます。企業情報をチェックしたら、グーグルなどで検索をして企業の情報を調べてみましょう。楽天などは調べる必要もないと思いますが、他の企業ですとグーグルで検索すると会社の公式ホームページが出てきたリ、企業の情報などが出てきます。

 

 

これらを元に怪しい起業家どうか調べることができます。またウィキペディアなどに掲載されている企業も中にはあります。このようなwikiに載っているぐらいの企業ならば大手の可能性が高いですので、比較的安心できると思われます。

 

 

ウィキペディア→https://ja.wikipedia.org/

 

 

検索で調べてみる

先ほども少し紹介しましたが、グーグルやヤフー等の検索エンジンを使って、調べたい電子書籍サイトのサイト名(サービス名)を検索で調べることもいいでしょう。

 

今ではたくさんの情報サイトがあります。このようなサイトでは安全性など詳しく書かれているサイトもありますので、参考になります。また企業情報とか噂なども調べることができるので、検索することは安全性を確かめる為に必要になってくるでしょう。

 

グーグル→https://www.google.co.jp/

 

 

公式サイトかどうかを確認

公式サイトというと各大手の携帯会社が認めたサイトになりますので、安全性は極めて高いです。SPモード決済などキャリア決済が利用できるのも公式サイトの特権ですね。

 

 

気になる電子書籍のサービスがあるのなら、サイトが登録されているかどうかを調べてみましょう。例えばドコモ端末ですとdメニュー(スマホのホーム)より「メニューリスト」という項目があり、ココから調べることができます。

 

 

今回の「楽天マンガ」もきちんとドコモのメニューリストからアクセスすることができます。またこのような携帯会社のメニュー登録されているサイトの運営は、大手企業が運営しているケースが多いです。

 

 

Q&Aサイトなどで評判を知る

Q&Aサイトには数多くの悩み・疑問などが掲載されています。定番となっているサービスですがヤフー知恵袋などが有名ですよね。このようなQ&Aサイトに書き込みしている人が結構多いです。

 

 

ですので「サービス名」などで検索をして、そのサイトの噂や真相を調べてみるのもアリです。またQ&Aサイトでは、実際に入会した人の声なども見ることができるので、参考になります。

 

 

ヤフー知恵袋→http://chiebukuro.yahoo.co.jp/

 

 

結構電子コミックのサービス名などで調べてみると「危険なの?」など書き込みがありますが、ほとんどが危険ではありませんのでご安心ください。

 

 

以上、安全性を調べるのにこのような調べ方がありますが、ほとんどのサイトは安全性が高いですので深く考えない方がいいでしょう。特に公式サイトのサービスならば、調べる必要もほとんどありません。

 

 

気になる方はこのような方法で一度調べてみてもいいと思います。安全性をご自身で確かめてから入会(会員登録)をしてみましょう。おすすめはやはり「楽天マンガ」ですね!

 

 

楽天マンガの口コミ評判へ戻る